よくあるご質問

Q.今年(2013年度)は大きく変わったところはあるのでしょうか?
Q.利用者記録などの事実確認は、何件分を揃えるのでしょうか?
Q.帳票・記録類はPCに入っているので、出力して用意しないと駄目でしょうか?
Q.質問表に「なし」と回答したが、調査時にはそろえておいたのに「なし」のままだった。(「あり」と認めてくれなかった。)おかしいのではないか?



2013年度介護サービス情報の公表制度がスタートしています。
よくあるご質問にお答えします。

  • Q.今年は大きく変わったところはあるのでしょうか?

  • A.基本的には、どのサービス種類の調査情報もほとんど変更ありません。
    以下の通り省力化がはかられており、手数料も安くなっている傾向があります。(各県別対応)

    • 一体的に報告調査を行う区分の調査情報は「主たるサービスについてのみ調査を行い」、他のサービスについては調査を行ったものと見なします。
      例えば、主たるサービスが訪問介護の場合、同じ区分の介護予防訪問介護、夜間対応型訪問介護の調査は行ったものと見なされます。
      むしろ、事業所の皆様の手間を省力化できるよう以下の点が考慮されています。
    • 『マニュアルや規程の有無について、前年度の面接(訪問)調査で「有り」と確認されている場合は、当年度は当該部分の調査は行わない。』ことになりました。このことは事業者の皆様だけでなく、 調査員の方々双方の労力を一定減らすことになると思われます。従って、調査費用が減少しているケースが多いはずです。


  • ご不明な点は、お気軽にお問い合わせ下さい。




以下は新年度に始まったことではありませんが、基本的であるにも関わらずよくある質問項目ですので、確認してください。

  • Q.利用者記録などの事実確認は、何件分を揃えるのでしょうか?

  • A.1項目について1件以上確認すれば足りるとされています。項目ごとに用意する利用者は異なっても構いません。

  • Q.帳票・記録類はPCに入っているので、出力して用意しないと駄目でしょうか?

  • A.確認のための材料は紙・電子媒体を問わないとされています。(ただし、個人情報保護の観点では、該当案件の確認資料のみをプリントアウトしておいた方が良いかと思われます。)

  • Q.質問表に「なし」と回答したが、調査時にはそろえておいたのに「なし」のままだった。(「あり」と認めてくれなかった。)おかしいのではないか?

  • A.訪問調査員さんは、原則、調査前の報告において「ある」としたものだけを調査することになっているので、「なし」としたものについては調査対象にはなりません。
    調査員さんはそのように教育を受けておられます。
    ただし、『制度の主旨は、調査のための調査ではなく、本来、利用者さんの便益のために調査しているのだから、きちんと実態を反映して欲しい』とお願いしてみてはいかがでしょうか。
    過去にはその場で認められたケースも聞いております。
    また、調査が終わった後にも「公表する前に、これでよろしいか」という確認のタイミングがあるので、そのタイミングでも訂正をお願いしてみてはいかがでしょうか。



ご不明な点は、お気軽にお問い合わせ下さい。


介護のアンテナ

介護の現場で働く人に役立つ、タイムリーな情報をご提供します。


お問い合わせ

商品の内容、制度について…等どんなことでもお気軽にお問い合わせ下さい。

おすすめの一冊

クレームに対するリスクマネジメントの考え方や具体的な応答例などを掲載した本です。詳細はこちらから。

介護サービス情報の公表対応 ホームページ開設サービス
介護報酬早期資金化サービス

類似商品についてのご注意

弊社で販売している「介護サービス情報の公表対策マニュアルCD-ROM」を違法にコピーした類似商品がございます。ご注意ください。

らくらく情報公表eサービスとは

イーケアサポートは情報公表制度スタート以前より研修・ノウハウを提供している唯一の会社です。

本サービスは、平成18年度施行の「介護サービス情報の公表」により必要とされる対策や準備を安心して進めていただけるように、介護事業所を様々な面からサポートする目的で、株式会社イー・ケア・サポートが行っているサービスです。